肩こり

現代の国民病のひとつと言われる肩こりは、鍼治療で大幅に改善することが期待できる症状のひとつです。

■ 肩こりに対して鍼治療が有効な理由

肩こりに対して、なぜ鍼治療が有効なのかというと、「鍼治療は血行促進および、筋肉をやわらかくする作用の両方が期待できる」というのが大きいですね。

肩こりは「長時間同じ姿勢をとることや、姿勢の悪さによって筋肉に緊張が起こり、その緊張が血流も悪くする」という流れで症状が出てしまいますので、これを両方ほぐせる鍼治療は、まさにうってつけなのです。

■ 肩こりに対する鍼治療で刺激される場所の例

肩こりの鍼治療を受ける患者

肩こりに対する鍼治療で刺激されるツボの代表例としては、首の後ろ側・後頭部の付け根付近にある「風池(フウチ)」や「天柱(テンチュウ)」、首の前側・触ると脈が分かる部分にある「人迎(ジンゲイ)」などが挙げられます。

また、こうしたツボ以外にも、背中や鎖骨周辺の筋肉に鍼をうつことも多いですし、疲れ目がひどい人は「疲れ目が肩こりを誘発する要因のひとつとなっている」ということで、こめかみなどにも鍼をうたれることがあります。

■ 肩こりに対する鍼治療にかかる期間

肩こりに対して、鍼治療の効果が出始めるのは意外と早いケースが多く、「1回目から劇的に肩が軽くなった」という人も少なくありません。特に「肩がこっているというよりも、痛みが気になる」という人は、1回の施術でその痛みが一気に軽くなることを実感できることが多いですよ。

ただし、仮に1回で症状が軽くなったとしても、それで鍼治療をやめてしまうと、その効果は一時的で終わり、また元に戻ってしまいますから、少なくとも数回は通うことが必要です。

また、何年も慢性的なひどい肩こりに悩まされている人は、体質の問題が根深いので、「最初の数回はあまり感覚を空けず鍼治療をして、ある程度改善してからも、1〜2週間に1回ぐらいのペースで鍼治療を受ける」という形にするのがおすすめです。

肩こりに対する鍼治療における注意点

肩こりに対する鍼治療は「ズーンとした、響くような感触」が比較的出やすいと言えます。そのため人によっては、「鍼治療後しばらくは肩が治療前より重い」と感じるかもしれませんが、これは奥まで刺激を与えたことによる好転反応である可能性が高いので、あわてず騒がず、数日は様子を見ましょう。

おすすめ情報
新しい鍼治療「YNSA」特集