生理痛・PMSに鍼治療が有効な理由・具体的な治療法など

生理前はだるさやイライラなどのPMSに悩まされ、生理になったらなったで、激しい痛みをともなう生理痛に悩まされる・・・

そんな人は、鍼治療を試してみましょう!

■ 生理痛・PMSに対して鍼治療が有効な理由

生理痛に悩むイメージ

生理痛・PMSに対して鍼治療が有効な理由は、「生理痛やPMSの症状を引き起こす主原因となる子宮機能の変調や、ホルモンバランスの乱れ・冷え・ストレスなどに幅広く対応できる」ということです。

子宮の状態やホルモンバランスを整え、さらに冷えやストレスも緩和できれば、生理痛やPMSがグッと軽くなるだけでなく、生理の周期も安定しやすくなるというメリットがあります。

鍼治療は、「生理痛で苦しい時は鎮痛剤に頼るしかない」というような状況と比べると、はるかに、心身に対していい働きかけができるというわけですね。

■ 生理痛・PMSに対する鍼治療で刺激される場所の例

生理痛やPMSがひどい人に対しての鍼治療で刺激されるポイントとしては、おへそから指4本分ほど下にある「関元(カンゲン)」が代表的なツボとして挙げられます。

この関元は生理痛・生理不順・ホルモンバランス調整・冷え・ストレスなどに効くツボなので、まさに「生理痛・PMSを引き起こすあらゆる原因に効く強力ツボ」と言えます。この関元を中心に、お腹周りのツボにいくつか鍼がうたれることが多いです。

そして、おなか以外にも、生殖器の不調や冷え等に良い作用を持つツボとして、内くるぶしの頂点から指4本ほど上に位置する「三陰交(サンインコウ)」、膝のお皿のやや上、内側に位置する「血海(ケッカイ)」などが刺激されることもありますし、腰痛や頭痛など、生理痛やPMSの症状そのものに対して、腰や背中・頭にも鍼がうたれる、というケースも少なくありません。

■ 生理痛・PMSに対する鍼治療にかかる期間

生理痛・PMSに対する鍼治療の期間としては、「とにかく、今ある不快な症状や痛みが緩和されればそれでいい」という場合は、1回〜数回程度で済むことも多いです。

ただし、それではどうしても対症療法的な形になってしまうので、できれば、最初に改善してもらった後も、今後の生理痛・PMSの症状発生を抑えるために、定期的に通ったほうがいいでしょう。

生理痛・PMSに対する鍼治療における注意点

生理痛・PMSに対して鍼治療を望む人は、できれば最初は「症状が出始めた頃」に行きましょう。

不快感や痛みがピークに達した段階で行く、というのも、もちろんそれはそれで症状が大幅に改善される可能性が高いのでいいのですが、つらい思いをする期間はなるべく短くした方が、心身の回復も早いですからね。

ただ、症状が重くなった場合でも、そのまま放置するよりは、たとえ重くなってからでも、鍼治療に行く方がおすすめです。「生理中は体のメカニズムがかなり乱れているから、そんな時に鍼治療を受けたらいけないのでは?」と心配する人も居るかもしれませんが、そんなことはありませんよ。

鍼治療を扱うところの多くは、「生理中の痛みをその場で緩和するために鍼をうつ」という治療にも慣れていますから、まったく問題ないのです。ただし、生理中であるということは施術前にきちんと伝えておきましょう。

おすすめ情報
新しい鍼治療「YNSA」特集