ダイエットに鍼治療が有効な理由

ダイエットをしたいけれど、食事制限は栄養バランスなど健康面でのデメリットが大きいし、運動はキツイから嫌!?

鍼治療は、そんな人におすすめのダイエット法と言えます。

■ ダイエットに対して鍼治療が有効な理由

体重を量る女性

ダイエットに対して鍼治療が有効な理由は、大きく分けると2つあります。

  • 「全身の代謝アップ作用により、同じカロリー摂取でも効率よくエネルギーとして燃焼できるようになる」
  • 「耳ツボなど食欲抑制のツボを、ただのツボ刺激よりもはるかに深くしっかりと刺激できる」

ちなみに、耳ツボは単に食欲を抑制するツボがあるだけでなく、「胃に関わる自律神経を調整する」「イライラによるドカ食いを防ぐ」「代謝促進やホルモンバランスを調整する」という作用を持つツボもありますので、ダイエットには非常に心強いのです。

■ ダイエットに対する鍼治療で刺激される場所の例

ダイエットに対する鍼治療で刺激される場所としては、まずは耳ツボが挙げられます。

  • 耳上部にあるくぼみに位置する「神門(シンモン)」は、イライラを緩和するのでヤケ食い防止に役立ちます。
  • 耳の中央を走る軟骨にある「胃点(イテン)」は、胃にかかわる自律神経の働き調整に役立つツボ。
  • 耳下側のくぼみあたりに位置する「内分泌(ナイブンピツ)」は代謝を促進してエネルギー効率を高めてくれるだけでなく、ホルモンバランスの調整にも役立ちます。
  • そして、「食欲そのものを抑制する」という、とても頼もしい作用を持つ「飢点(キテン)」は、耳の穴の前にある、出っ張った軟骨上にあります。

耳ツボ

こうした耳ツボに対して鍼をうつ際に、「置き鍼」をほどこすこともあります。 置き鍼とは、1mm程度の短い鍼を、ツボの位置にしばらく貼りっぱなしにする、というもの。これにより、「その場で一時的にツボを刺激する」というのとは格段に違った耳ツボ刺激効果が期待できるのです。

あと、ダイエットのための鍼治療は、耳ツボ刺激オンリーとは限りません。全身の代謝を高めていくために、おなか・背中・太もも・ヒップなどに鍼をうっていくことも多いですよ。

■ ダイエットに対する鍼治療にかかる期間

ダイエットに対する鍼治療にかかる期間についてですが、早い人なら鍼治療初日から「自然と食欲がいつもより抑えられるようになった」などといった効果を感じることもあります。

そして、体重面など、具体的な効果としては「1ヵ月〜3ヵ月程度で、かなりのダイエット効果を実感できる人が多い」という感じです。

そこからはいったん鍼治療をやめて様子を見るか、ペースを落として現状維持を目指すか、さらなるダイエットを目指すかなど、人それぞれの考えで、トータルの治療期間は変わってきます。

ダイエットに対する鍼治療における注意点

ダイエットに対する鍼治療における注意点としては、まず、「最初の鍼治療後の体調には気をつける」というのが挙げられます。

無理のある自己流ダイエットをしている人の中には、自覚はなくても「現時点で体がかなりガタガタ」となっているケースも多いようです。

それが鍼治療で急激に改善に向かった場合、体がそれについていけず、だるさや違和感、疲れなどを感じることがあります。こうした症状を感じたら、無理せず休んだほうがいいですね。

あと「横向き寝の人は、耳への置き鍼に注意すべし」というのもあります。

横向きに寝ると、鍼が枕と頭に圧迫されて、痛みを感じることがあります。少々の痛み程度なら「横向き寝になるべくならないようにしつつ、そのまま指示通りの期間まで貼っておく」というのがおすすめですが、痛くて寝つけない、というようなレベルなら、無理はせずに置き鍼をはがして、次回の治療時にそのことを伝えるようにしましょう。

おすすめ情報
新しい鍼治療「YNSA」特集