美肌

「アンチエイジングコスメなどを使って美肌作りを頑張っているのに、どうしても思ったような効果が出ない」と悩んでいる人にも、鍼治療はかなりおすすめです。

「鍼治療って、病気とか体の不調のためにやるものじゃないの?」と思われるかもしれませんが、実は鍼治療には、美容効果も期待できるのです。

■ 美肌に対して鍼治療が有効な理由

鍼治療を受ける女性

なぜ、鍼治療は美肌に対しても有効性が期待できるのかというと、鍼治療による血行促進・新陳代謝促進作用は、「血液による酸素と栄養の供給をスムーズにして、新陳代謝を活性化させ、新しくみずみずしい肌細胞をどんどん生まれさせる」というのにとても役立つからです。

他にも、「結合組織をゆるめて表情筋などの緊張をほぐし弾力を持たせられる」「女性らしさを演出するための女性ホルモン調整ツボを深く刺激できる」などといった効果が期待できます。

■ 美肌に対する鍼治療で刺激される場所の例

美肌に対する鍼治療で刺激される場所としては、まず「顔全体」が挙げられますね。たるみやシワが気になる部分に鍼がうたれるのはもちろんのこと、肌細胞と表情筋に幅広く刺激を与えるため、顔全体にたくさんの鍼がうたれることが多いです。

そしてさらに、顔だけではなく頭にも鍼がうたれることが多いですよ。その理由は「頭皮が引き締まれば顔のリフトアップにつながる」というだけでなく、多くの血液が集中する頭から血行促進を強力に働きかける」「頭にはホルモンバランス調整ツボもある」などといった理由も挙げられます。

頭のてっぺんにある「百会(ヒャクエ)」で血行を促進したり、目と同じ高さの後頭部の中心から、指2本分ほど左右に移動したところにある「玉枕(ギョクチン)」でホルモンバランスを調整したりします。

■ 美肌に対する鍼治療にかかる期間

美肌に対する鍼治療にかかる期間は、基本的には「美肌を維持したい期間ずっと」ということになります。

治療頻度については、最初のうちは1〜2週間に一度程度の頻度が求められますが、改善ペースが落ち着いて「あとはこの状態を維持できれば」という形にできれば、そこからは月1回程度の頻度となるケースが多いです。

美肌に対する鍼治療における注意点

美肌に対する鍼治療における注意点としては、「最初の鍼治療は、できれば休前日に行く」というのが挙げられますね。

なぜかというと、最初の鍼治療は、「それまでの血行状態が悪すぎる」などといった理由があると、軽い出血・内出血などが起こるケースもたまにあるからです。

他の部分なら多少の出血や内出血があっても「血が止まれば目立たない」ということでOKなのですが、顔はそうもいきませんよね、メイクでごまかすにも限度がありますし。

ですから念のために「万が一軽い出血や内出血が起こったとしても、外出しなくても済む休日」の前に行くのがおすすめ、というわけです。

おすすめ情報
新しい鍼治療「YNSA」特集