豆乳ローションで毛が細くなる?作り方と実験してみた結果

濃いヒゲの男性

豆乳ローションは、豆乳の大豆イソフラボンが毛根に作用し、むだ毛を細く生えにくくする効果が期待できるそうです。

脱毛用の豆乳ローションとして、ネット通販などで色々販売されているのを見かけますが、比較的高価なため、長期間試す場合は、それなりのコストがかかります。

ただ豆乳だけではない様々な有効成分も含まれているので、自分で作ったものと簡単に比較することはできません。では脱毛用豆乳ローションの作り方です。

買うと高い!だから豆乳ローションの作り方

材料

( 豆乳ローション400mlを作るための分量です )

  • 豆乳250ml(無調整のもの)
  • レモン1個(ビン入りのレモン果汁はシミの原因となるソラニンが含まれいるので注意)
  • 消毒用エタノール 30ml(薬局で購入。乾燥肌の方は少なめに)

準備するもの

  • 油漉し紙またはキッチンペーパー2枚
  • 計量カップ
  • ざる
  • ボウル
  • レモン絞り器
  • 温度計
  • 化粧水の容器(100円ショップにあり)

作り方

  1. レモンをキレイに洗って、絞り器で絞ります。
  2. 豆乳を鍋に入れて、弱火にかけます。
  3. 60度になるまで温めてから、レモン果汁を入れます。
     (注)熱しすぎると成分が分解されてしまいます。
  4. よくかき混ぜてトロトロになったら、火を止めます。
  5. 消毒用エタノールを加えて、かき混ぜます。
     (注)確実に火を止めてから!発火しないように!
  6. ボールに載せたざるの上に、キッチンペーパーや油こし紙を2枚重ねします。
  7. 出来た物を漉し、そのまましばらく冷まします。
  8. 冷めたものを、絞り出します。
  9. ボウルから化粧水のボトルに詰め替えれば完成。冷蔵庫で保存します。

豆乳ローションの保存法と使い方

冷蔵庫で10日くらい保存できます。冷凍保存もできますが、熱を加えて解凍すると有効成分が壊れてしまいす。自然解凍が望ましいです。

塗りこむ前に、ひげ(ムダ毛)は剃るか抜くかしておき、朝・晩、洗顔後の清潔な肌にローションをたっぷりすり込みます。個人差がありそうですが、早くて数週間、だいたい2ヶ月後くらいからゆっくり効果が出るそうです。

毛が細くなる効果があるのか?豆乳ローション

豆乳ローションと呼ばれる脱毛剤については、以前自分自身で試したことがありますが、短期間で効果が感じられなかったことと、値段が高かったことで続けられなかったという経験があります。

効果の出が遅いということは分かってますが、気長に続ければ確実に効果が出てくるのかどうか、これは個人差があるかもしれませんので断定的なことは記しません。

豆乳系の脱毛剤は、豆乳に含まれる大豆イソフラボンが女性ホルモンと同様の働きをすることで、ひげの成長を抑制します。

また、これらの豆乳を使った脱毛剤やローションに含まれる大豆サポニンは毛穴に詰まった汚れなどを落とす効果もあり、豆乳系脱毛剤を使うと肌もきれいになります。天然成分なので肌に合わないというケースは多くありません。

お肌を整える意味で気長に使うならいいかも

脱毛はどんな種類の脱毛でも多少肌を痛めてしまうものですが、豆乳ローションは脱毛やひげ剃りあとに塗るもので、逆に肌を整えるものです。

豆乳ローションは自分でも比較的簡単に作れますので、通販などで購入する余裕のない方、長期間ジックリと効果を見極めたい方は、自作の豆乳ローションをトライしてみてはいかがでしょうか。