家庭用レーザーによるヒゲ脱毛の概要

トリア脱毛器

ダイオードレーザーを採用した「家庭用レーザー」によるヒゲ脱毛のメリットとともに、レーザーによるヒゲ脱毛の概要について記していきます。


レーザ脱毛のメリット

なぜレーザー脱毛がいいのか

トリアの家庭用レーザーは米国の厚生労働省にあたるFDAの認可を受けており、脱毛の確実性と安全性がクリアされているということができます。

現在、医療脱毛を行う美容外科や皮膚科の多くが、FDAで認可された医療用ダイオードレーザーを使用しております。

ダイオードレーザーは、皮膚のデリケートな日本人に対しても安全で、世界で初めて脱毛の永久性が認められているレーザー脱毛器です。日本人(黄色人種)の肌・毛質に適しており、うぶ毛や色黒の方の脱毛も可能となりました。

トリアの家庭用レーザーはダイオードレーザーを小型化したものです。医療用ほど高出力ではないのでうぶ毛に適しておりませんが通常のムダ毛や太い剛毛には適しております。従来使用されていた針脱毛ほどの強い痛みはありません。

家庭で使えるレーザーのメリット

ヒゲのレーザーの場合、1ヶ月に1度のペースで、5回程度照射すれば納得できる効果が得られる場合もありますが、10回くらい照射しなければならない場合もありかなりの長期戦ですが、家庭用レーザーであればクリニックなどに予約したり通院したりする必要がなく、空いた時間に脱毛することができます。

レーザーによるひげ脱毛の概要

ダイオードレーザーはヒゲ脱毛に最も適している

レーザーは照射されると黒い部分(ひげなどのムダ毛)だけに反応し、単純に考えれば肌には影響ありませんが、ひげ自体が焼けるため接触している部分の肌はダメージを受け相当痛いので、より効果的な方法を選び回数を減らすべきなのです。その点、アレキサンドライトレーザーなどに比べ、出力が強く脱毛効果が高いダイオードレーザーがいいのではないかと思われるのです。

脱毛処置の回数

脱毛時に生えている毛は1回目の照射で生えてこなくなりますが、毛には毛周期というものがあり、休んでいる毛が、脱毛された毛を補うように生えてきます。

永久脱毛する為の回数は部位や年齢によりかなり違いますが、一般に3回〜5回程でおおむね満足できる状態になりますが、10回程度必要なケースもあります。次の毛が生えてくる期間は、個人差がありますが、約1〜3ヶ月で次の毛が生えてきます。

レーザー脱毛前の毛の状態・テスト照射

針脱毛のように毛を伸ばす必要はありません。というより治療直前に剃るほうがよいでしょう。皮膚表面に毛が出ていると、レーザーが出ている毛に反応してしまって毛根まで届かず、脱毛が出来ないからです。

通常は、レーザー照射前にテスト照射をします。10分間程度反応を確認し、問題なければ治療に入ります。