ダイオードレーザーによる脱毛と針脱毛の役割分担について

ダイオードレーザーによる脱毛

ダイオードは産業用のレーザー装置として、LSIヘマイクロホールを空けるなど微細な工程を担ってきました。

この産業分野で改善が行われてきたレーザー機器を、ハーバード大学ウェルマン皮膚研究所のR.RoxAnderson,MD.は1994年よりロングパルスルビーレーザー装置として開発し、世界初の脱毛専用レーザー機器が誕生しました。

ダイオードによるレーザー脱毛器の誕生により、苦痛を伴う針脱毛の需要は一気に減りました。

ダイオードレーザーが可能にした永久脱毛

この研究所において、このレーザー機器が特定のスキンタイプの患者に対して安全であることが確認できなかったため、選択的光加熱分解論によって条件に見合い、また、高い耐久性を持つダイオードレーザーを脱毛レーザー機器として選択し、1996年7月より臨床治験が開始されました。

米ルミナス社のダイオードレーザー(LightSheer)には、R. RoxAnderson,M.D.がパテントを持つCooling System(Chill Tip)が採用され、理想的な治験成績のもと1997年12月、FDAはこのレーザー機器にHair Removalの認可を与え、1998年にはParmanent Hair Removalのレーザー機器として認可しました。

ダイオードレーザーによる脱毛と針脱毛の役割分担について

医療機器としてのダイオードレーザーは医療機関でなければ使えませんが、自宅用レーザー脱毛器の普及が始まった今般、レーザー脱毛は身近なものになってきました。しかし現在使われているようなダイオードレーザーによる脱毛が行われる前は、針脱毛が主流でした。

針脱毛はレーザーを照射するかわりに、毛根の1本1本に針から電気を通して毛包にダメージを与えその機能を失わせるものです。確かな脱毛効果はありましたが、かなりの痛みが伴うために脱毛を躊躇する方がたくさんいました。

レーザーでの脱毛でも、敏感な部分や男性のヒゲなど太い毛が密集している部分は特に痛みを感じますが、針脱毛ほどではありません。

ダイオードレーザーが脱毛における地位を確立した現在、痛い針脱毛は問題外のように思われますが…

レーザー機器もどんどん新しくなっています。光の波長を調整することで、安全性を増すこともできるようです。

しかし、まゆげなどの細かいデザインが必要な部分を含む場合など、針脱毛とレーザー脱毛を部位ごとに使い分けることで、的確な脱毛施術を行うクリニックもあります。

クリニックで脱毛を行う場合、脱毛方法には多少差がありますので、どういった脱毛をしてもらうかを事前に検討する必要があります。無料でカウンセリングを行っているクリニックも多いので、あらかじめ確認しましょう。