鍼治療は自由診療で受ける方がおすすめ!

「鍼治療は保険診療で受けることも可能なんだから、絶対に保険診療を狙った方が、費用的にもお得でいいはず」と考え、とことん保険診療による鍼治療にこだわる人も居ますが、これは正しい選択なのでしょうか?

いえいえ、実は鍼治療は、保険診療にこだわりすぎるよりも、自由診療で受ける方がおすすめなのです。

その理由についてお話ししましょう。

■ 手続きが面倒!

パソコンの前で悩む男性

鍼治療で保険診療よりも自由診療をおすすめする理由としてはまず、「保険適用のための手続きが面倒」というのが挙げられます。

まず、「いきなり鍼灸院などに行って保険診療を受ける」ということはできません。鍼灸院で保険診療の同意書をもらって、その同意書と印鑑を持参して病院で医師に診てもらうことが大前提となります。

そしてその医師が、「この症状について、鍼治療を保険診療で受けてきてもいいよ」と認め同意してくれれば、やっと、保険診療を受けることができるのです。

■ 保険適用に対する制限が多い!

保険診療があまりおすすめできない理由としては、「鍼治療に保険適用をするための制限が多い」というのもあります。

鍼治療の保険診療の適用範囲は、「神経痛・リウマチ・腰痛症・五十肩・頚腕症候群・頚椎捻挫後遺症およびこれらに類似する疾患」に限られます。当然のことながら、美肌やダイエットなど美容目的は適用外。

さらに、内臓疾患に対しても保険適用をしてもらうことができません。ですから鍼治療の保険適用範囲は、かなり狭いと言えますよね。

しかも、鍼治療を受けている間は病院等で、同じ疾患で治療や投薬を受けることはできないため、患者をキープしておきたいと考える医師は、鍼治療の同意そのものになかなか応じてくれないこともあります。

そして、保険適用による鍼治療の最大の弱点は、「限られたところにしか鍼をうつことができない」ということです。同意書に示された病名に該当する部分にしか、鍼をうつことができません。

ですから鍼治療の先生が「本当はここにも鍼をうてば、全身の状態が回復するのに」「本人は気づいていないけどここにも不調がある」などと思っても、患者が保険診療にこだわっている限り、そこには手を出せないというわけなのです。

あと、保険診療による制限と言えば「保険診療を取り扱っていないところも多い」というのも挙げられますね。「一人一人の患者さんの様子をしっかりと診て、いい鍼治療をしたい」というこだわりがあるからこそ自由診療しか取り扱わない、というところが少なくないのです。

ですから保険診療にこだわった時点で、施術を受けられる施設の選択肢も激減してしまうわけです。

こうして見ると、保険診療は費用が安いというメリットはあるものの、その利用には、あまりにもガチガチとした縛りが多すぎる、と思いませんか?

自由診療でもそんなに高くない!

保険診療よりも自由診療をおすすめする理由としては、「鍼治療の場合、自由診療でもそれほど高額にはならない」というのが挙げられます。

自由診療というと、歯科や美容外科などのイメージが強いためか、「1回数万円〜数十万円もかかるのでは」と思っている人も多いですが、鍼治療の自由診療はそれほど高額ではありません。

1回あたりの治療費は、おおむね数千円〜6000円程度です。 初診時は、初診料が別途1000円〜数千円ほどかかりますが、それでも治療費とあわせても、ほとんどが1万円以下で済むでしょう。

保険診療と比べて、喫茶店やランチ数回分の金額差で、「症状が気になる部分だけでなく、他の部分もしっかりチェックした上での上質な鍼治療をしてもらえて、面倒な手続きも不要」と考えると、決してソンではないと思いますよ。

おすすめ情報
新しい鍼治療「YNSA」特集