鍼治療を受ける期間と頻度

鍼治療を受ける際に気になることのひとつとして、「治療にどのくらいの期間がかかり、どのくらいの頻度で受ける必要があるのか?」というのが挙げられます。

ここで、その疑問にお答えしましょう!

■ 慢性でない病気や不調の場合

鍼治療を受ける女性

鍼治療の期間や頻度は、「鍼治療を受ける理由となる病気や不調などが、慢性のものか、そうでないか」という点で大きく違ってきます。

「運動で足をひねった」「ぎっくり腰になった」「ここ最近忙しすぎて一気に疲れが溜まってしまってだるい」など、慢性でない状態に対する鍼治療の期間と頻度の目安は、

  • 治療期間:数日〜数週間
  • 治療頻度:週数回〜毎日

という感じです。

最初のうちは、病気や不調のこれ以上の悪化を食い止め、できるだけ早く改善・回復のために体の状態を整えられるようにするために「最初の数日〜1週間は毎日または1日おきで通い続け、集中した鍼治療をする」という感じで、特に高い頻度での治療を求められることも多いですよ。

あと「鍼治療が1回で終わることもあるのか?」という点が気になる人も多いでしょう。これについてはどうなのでしょうか?

ぎっくり腰や、寝違いによる痛みなどは、1回の鍼治療で劇的に改善することも多いので「もうかなり良くなったし、鍼治療を受けなくてもいいや」と思う人も多いのですが、回復状態を安定させるために、あと1〜数回の鍼治療を受ける方がベターと言えます。

■ 慢性の病気や不調の場合

では次に、内臓疾患など、慢性の病気や不調に対する鍼治療はどのくらいの治療期間と頻度が必要なのかというと、以下のような感じになります。

  • 治療期間:数ヵ月以上
  • 治療頻度:週1〜2回程度

さて、治療頻度は上記のとおり、週1〜2回というのが一応の基本ですが、症状や不調の内容・改善状態によっては、途中から「2〜3週間に1回程度の鍼治療でもOK」という形になることもあります。

■ 体質改善や病気・不調予防などの目的の場合

というわけで、鍼治療の期間と頻度は病気や不調が慢性かどうか、ということに大きく左右されますが、鍼治療を受ける人は、病気や不調を抱えている人ばかりではありません。

「今のところ特に気になる症状はないけど、悪くならないように予防しておきたい」「もっと健康になれるよう体質改善をしたい」などといった目的で鍼治療をする人も居ます。

そんな人たちの場合、鍼治療の期間と頻度はどうなるのかというと・・・

  • 治療期間:本人が望む限りずっと
  • 治療頻度:月1〜3回程度

という感じになります。

おすすめ情報
新しい鍼治療「YNSA」特集